業務プロセスの最適化

業務効率化

よく見られる課題

働き方改革法案によって残業時間の削減や有給休暇の年5日の取得が中小企業においても義務となり、どうやって達成する頭を悩ませている経営者の方が多いと思います。確かに、限られた人員で多くの業務を処理しなければならない中小企業にとっては非常に難しい社内改革になるため、以下のような課題を抱えている企業が多いのではないでしょうか。

  • 従業員を定時で帰らせたいが、忙しそうに見える
  • 問題が発生した場合の原因究明が難しい(ボトルネックが分からない)
  • 部署間の関係がギクシャクしていて協調的に進められない

これらの課題は、一見すると関係性が無いように感じますが、どれも業務プロセスに起因する場合が多く、各部署が自部署の業務を効率化することを最優先してしまった結果として発生することがほとんどです。

当組合の考え方

上述の課題は多くの場合、業務プロセスを最適化することで解決出来ると当組合では考えています。各部署の業務には無駄な作業や非効率な作業が隠れていて、それを顕在化して最適な業務の進め方および連携方法に改めると、お互いに業務の生産性が向上します。

そのために当組合では、入口から出口までの業務プロセスを「業務フロー」という図によって可視化した上で、使用しているITツールや機械設備、業務の一部を委託する外注企業まで、作業を細かく分析して課題を抽出します。課題の抽出後は、中長期の事業運営の目標や設備投資の予算などのご意向を伺った上で、業務プロセスを最適化するための計画を作成して、成果目標の達成を目指して現場で従業員の方と一緒に作業にあたります。

基本的な進め方

ご依頼を頂いたら、各部署で業務を担当している従業員の方に、業務の内容と使用しているITツールや機械設備、業務を委託している外注企業などについてお話を伺います、その上で、各部署の管理職の方に部署間の業務の連携方法についてお話を伺い、現状の会社全体の業務プロセスを可視化します。

業務フローによる可視化が出来たら、最初に当組合の中で複数の視点から細かい分析を行い、課題を抽出して、解決策を検討します。そして、解決策の選択肢を複数用意した上で、中長期の事業運営の目標や設備投資の予算などのご意向を伺い、解決策を決定して実行計画を作成します。実行計画の作成後は、スケジュールに沿って課題解決を現場で丁寧にサポートして成果目標の達成を目指します。

現状ヒアリング

経営者へのヒアリング、各部署の業務担当者・管理職へのヒアリング、アンケートの実施

業務プロセスの可視化

事業活動(販売、製造)の業務フロー図の作成、人事労務管理の業務フロー図の作成

分析結果の報告

課題の抽出、解決策の検討、報告会の実施

実行計画の作成

中長期の事業運営の目標などのヒアリング、実行計画の作成

実行の支援

各部署でITツールの導入や業務プロセス改革の実行支援

PRICE MENU
20万円~(税別)
10万円~(税別)
5万円/日~(税別)

上記は基本パターンの場合の目安料金です。事前にご予算を伺ってご予算の範囲内でメニューを作成することも可能ですので、まずはお問合せください。

お問合せ